Suematsu Haiji Ato

末松廃寺跡


Suematu Temple Site [Hakuho Period]
その他の画像
Image2 Image3 Image4 Image5 Image6 Image6
種類
記念物 史跡
名称
末松廃寺跡
よみ
すえまつはいじあと
員数
23,071.69m2
所有者または管理者
野々市市
所在地
末松2-247〜252
指定年月日
昭和14. 9. 7

 末松での寺院の存在は江戸時代から知られており、『石川訪古游記[いしかわほうこゆうき]』には水田中の唐戸石[からといし](塔心礎)を金沢の東本願寺別院へ移そうとしたが、地中に深く埋まって動かせなかったことが記されています。
昭和12年(1937)には地元の高村誠考[たかむらせいこう]氏発案の試掘調査によって古代の寺院跡であることが初めて確認されて昭和14年の国史跡指定に至りました。昭和36年(1961)の高村氏による和同開珎[わどうかいちん]銀銭の発見がきっかけとなり、昭和41・42年(1966・67)には文化庁による本格的な発掘調査が行なわれました。
 この調査によって、東西幅が約80メートルある土塀内に金堂を西、塔を東に並立させた、法起寺[ほっきじ]式の伽藍[がらん]配置の寺院で、金堂の規模は東西19.8m、南北18.4mと一般的な大きさであるが、塔の一辺の長さは10.8mと予想外に大きく国分寺級の七重塔で、奈良時代の建立と推定されました。
その後の研究によって、建立の年代は白鳳[はくほう]時代の660〜670年頃とされる北陸最古の寺院であり、金堂、塔は725年頃までに倒壊したこと、金堂は750〜800年頃に規模を縮小して再建されましたが、塔の再建は行われていないことが判明しました。
 また、建立した豪族については当時北加賀を支配した「道君[みちのきみ]」一族であるとする説が有力ですが、金堂の周囲から出土した瓦が、能美市の湯屋窯跡[ゆのやかまあと]で焼かれて運ばれたものであることや加賀南部・能美地域産の須恵器が多くみられること、これまで青戸室石と思われていた塔心礎が手取川の転石を加工した安山岩である可能性が高いことなど、人や物の動きに財部[たからべ]氏などの南加賀の豪族も寺院の建立に大きく関係しているものと考えられています。
 昭和43年(1968)から3年をかけて遺構の一部を復元する整備事業が行なわれ、史跡公園として親しまれています。(公園内の国有地は無償で借受しています。)

重要文化財

重要無形文化財(工芸技術)

記念物(史跡)