Makie

蒔絵 中野孝一


Gold or Silver Lacquer[Japan] Nakano Koichi
その他の画像
Image2
種類
重要無形文化財 工芸技術 
名称
蒔絵 中野孝一
よみ
まきえ
所有者または管理者
中野孝一
所在地
野々市市
指定年月日
平成22.9.6

 蒔絵は、漆芸の装飾技法の一つであり、漆で描いた下絵に金粉、銀粉などを蒔き付けて文様を表す技法です。技法の源流は奈良時代にみられ、平安時代以降、わが国で高度に発達しました。蒔絵は、貝を用いる螺鈿[らでん]、金属板を用いる平文[ひょうもん]、卵の殻を用いる卵殻などの技法と併用されることが多く、幅広い表現が行われています。
 中野孝一氏は石川県に生まれ、大場勝雄(雅号:大場松魚、昭和57年重要無形文化財「蒔絵」〈各個認定〉保持者)に師事し、蒔絵を中心とする伝統的な漆芸技法を幅広く修得し、その後さらに研鑽を積み、蒔絵技法およびその表現について研究を深められました。
 各種の伝統的な蒔絵技法を高度に体得しており、中でも高蒔絵の技法を特徴とするほか、変り塗を応用した独自の蒔絵技法や研出蒔絵、螺鈿、平文、卵殻等の技法を併用し、多彩な表現を行っています。兔[うさぎ]や栗鼠[りす]など可憐な小動物の躍動感に満ちた姿を生き生きと表現し、軽妙洒脱な独自の作風は高く評価されています。

重要文化財

重要無形文化財(工芸技術)

記念物(史跡)